ブラッシング方法

ブラッシングは整えることはもちろん、絡みなどの予防も含めて、 ネット裏面へ出てしまった髪を表面に戻す意味をかねております。 快適なご利用の為にも必ず行って下さい。

1. ブラッシング用のブラシを使用し、ウイッグをとかします。
ブラッシングは毛の根元から毛先に向けて充分に行うため、ブラッシングをする箇所の裏ネットを手のひらで支えながら、細かく行って下さい。力の入れ過ぎには注意して下さい。

2. 前髪の量や分け目に注意しながらとかします。
髪の分け目を調節しながらとかします。後頭部からえり足にかけては、特に絡みが出やすい箇所になりますので、ブラシの刃先がネットに触れているのを確認しながら行ってください。

ブラッシングの際に絡みを感じたら…
毛先から徐々に根元へととかして下さい。 ※この時、無理な力を加えないで下さい。抜け毛や切れ毛の原因となります。

絡みが強く感じられた時は…
お手数ではございますが、ハッピーカウンターへご連絡下さい。